平井堅「一人じゃない」歌詞の意味

きみは一人じゃないからなやむことないよ。

悲しいのはきみ一人だけではないんだよ。

勇気を出して仲間に頼ってもいいんだよ。

人に頼ることは恥ずかしいことじゃないよ。
誰でも人はつよくないから。

辛いとき悲しいとき側にいてくれたひとが永遠の友だよ。

辛いとき悲しいとき立ち直れない君を最後まで見守ってくれた人は永遠のなかまだよ。

一人で寂しいとき、会いたい人がいたら会いに行こう。

友達を求めることは恥ずかしくないよ。
みんなが友達を探している。

孤独なきみに友達になってくれるとうなずいてくれた人は永遠の友達だよ。

孤独なきみに肩に手を置いてくれた人は永遠の仲間だよ。

平井堅「一人じゃない」感想

失敗したり、寂しいときは孤独を感じたり、ひとりで耐える、受け止めがちです。
また頑張ろう、失敗しても大丈夫、やり直せばいいと、自分自身に言い聞かせるより、周りの人や友達にいってもらうと、すごく嬉しいですし、直ぐ前向きになれるし、立ち直りが早くなります。
平井堅さんの「一人じゃない」を聞くと、優しく静かな曲ですが、心が落ち着きます。
平井堅さんの声がそうさせるのかもしれませんが、辛いとき悲しいときを乗り越えらる、勇気が湧いてくる、そんな気分にさせてくれます。