西野カナの「たとえどんなに…」歌詞の意味

まず、「今日は少し嫌な事が~聞いてくれたかな」の部分で、彼女が嫌なことがあったときに、誰に話しても切ないけど、元彼だったら、優しく聞いてくれたという他の人にはない優しさを元彼は持っていたことを別れた後で、思い出している彼女の心情が表現されている部分だと解釈することができます。今は別れてしまったけど、またヨリを戻せるのならば、また彼に話を聞いて欲しいという彼女の切ない感情を読み取ることもできます。

西野カナの「たとえどんなに…」感想

この曲の歌詞は、別れた後で、彼の優しさに気づいて、別れたことを後悔して、今でも彼を想い続けている彼女の心情を表しているように思います。また、もし、時間を取り戻すことが出来るのならば、もう一度彼と付き合いたいと彼女は思っているが、過ぎた時間はもう戻らないという切ない現実を突き刺されている状況を歌詞から読み取ることが出来ます。彼の優しさを当たり前のものだと思わずに、彼のくれる優しさに感謝することが大切だと教えてくれる歌詞でした。